11月01日(日) | ー伊那の「経木」で包む新米おむすび旅仕度ー

森とつながる外ごはん入門

今回の旅先は、長野県伊那市。ゲストは森と暮らしをつなぐ取り組みをしている、株式会社やまとわの奥田悠史さん。とれたてのお米で作ったおむすびを持って「森」を感じる旅支度をしませんか?
お申し込みの受付は終了しました。
森とつながる外ごはん入門

日時・場所

2020年11月01日 11:00 – 12:30
ー伊那の「経木」で包む新米おむすび旅仕度ー

イベントについて

秋といえば「実りの秋」そして「行楽の秋」。外ごはんって気持ちいい!とれたてのお米で作ったおむすびを持って、「森」を感じるピクニック支度をしませんか?

今回の旅先は、長野県伊那市。伊那の森はこの時期、紅葉する針葉樹「アカマツ」でとっても美しいんです。 ゲストは森と暮らしをつなぐ取り組みをしている、株式会社やまとわの奥田悠史さん。ツアーはおむすびを作るところからスタート!木を薄く削り、乾燥させて作られる、日本で古くから使われてきた伝統の包装材「経木」で出来たてのおにぎりを包んで、森へ出かけましょう!

実はアカマツは、伊那谷の食文化を支えてきた木でもあるのだそう。しかし実はさまざまな理由で材木としてなかなか使えない、というちょっと困った背景が。そんな木を無駄にせず、楽しみながら循環する暮らしをつくるにはどうしたらよいのでしょうか?

おむすびに使うのは、同じく長野県の夢里人さんがつくる「竹米」の新米。荒れた竹藪の竹を有効活用して作った、農薬未使用のおいしいお米です。

多様性を認める豊かな組織づくりは、人間と森の共通点。ツアーが終わるころには、森の木一本一本が愛おしく感じられるかも!?もちろん、お米大好きな食いしん坊さんも歓迎です!おむすび結んで旅支度。さぁ、美しい伊那の森へ、オンラインでひとっ飛び!

■日時:11月1日(日)11:00〜12:30 ■旅先:長野県伊那市 「やまとわ」 森をつくる暮らしをつくるをコンセプトに 地域の森林資源を使い、森と暮らしをつないでいくことを目指しています。 「こういう暮らし方いいよね」という価値観が、「森をつくる」につながる未来。

■ゲスト:奥田 悠史(やまとわ取締役/企画室長) 三重県伊賀市出身。大学在学中に休学して1年間かけてバックパッカーでの世界一周を経験。 旅を通じて世界中の悪と優しさに触れた。フィンランドでカメラを盗まれ、スペインではニセ警官にカードを盗まれる。悔しすぎて、バルセルナの宿でまくらを濡らした。そのときに聞いた「谷川俊太郎」の詩「生きる」が心に刺さりすぎて、旅を続けた。世界中で、いろんな人が“生きる”姿に触れるたびに、その姿を伝えることに興味を持つ。 信州大学での専攻は森林科学。木の年輪を研究テーマに(バームクーヘンの層を数えるようなイメージ)して、木の気持ちを伝える卒論を書いたのち、人の営みを伝えるライターを目指して、編集プロダクションに就職。 やまとわでは企画のディレクションやアートディレクター・写真等を担当。 「木のまちづくり。いのちのまちづくり」をテーマに活動中!

■集合場所:各自宅(前日までにメールにてzoomリンクをお送りします)

◆ 事前準備 ◆ 予め届けたお米を炊いておいてくださいね♫

◆ 旅の行程 ◆ 直前zoom講座 10:45  Zoomの使い方の説明(任意参加) 11:00 ツアー開始!  おむすび作り      伊那の森見学 12:30  終了

■定員:先着30名

■参加方法: やまとわオフィシャルサイトより「おこもりセット」を購入 https://yamatowa36.stores.jp/items/5f8ccc4794f3ae3d4f98f439

前日までにinfo@okomoritourism.com よりzoomのURLが届きます。届かない場合は info@okomoritourism.com にご連絡ください

■参加料金:1,980円(税込・送料別)  経木と新米の竹米+ツアー

■応募締切:10月27日11:59(以降ですと商品発送が間に合わないため)

■お問い合わせ先:FBメッセンジャーもしくはinfo@okomoritourism.com *天候により一部プログラムの変更がある場合がございますことご了承ください。

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア